確実に痩せたいならゼニカルがオススメ

世間には数えられないほどのダイエット法があふれています。
皆さんの中にはいくつかのダイエット法を試したという人も多いでしょうが、ほとんどは失敗に終わっているのではないのでしょうか。
巷で話題となるダイエット方法には根拠に乏しいものも多く、その効果もほとんど期待でないものばかりです。
また、体重は落とせたとしても栄養が偏ってしまって健康を損なってしまうなど、マイナスの面が多いダイエット方法もたくさんあります。
そんな中で、確実に体重を落とせる方法として人気となっているのが抗肥満薬を使ったダイエットです。
特に人気のある抗肥満薬として知られているゼニカルはスイスのロシュ社の開発した脂肪吸収抑制型のダイエットピルとなります。
抗肥満薬としてはすでに国内でも承認を受けているマジンドールがありますが、マジンドールのように中枢神経系に働きかけて食欲を減退させるタイプの薬ではありません。
有効成分はオルリスタットという物質で、リパーゼと呼ばれる酵素の働きを阻害する働きを持っています。
通常、食事によって摂取した脂肪分はリパーゼによって細かく分解され、体内に吸収されていきます。
その際に、余分に摂取した脂肪分は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。
これが太る原因です。
しかし、オルリスタットはリパーゼの働きを阻害することで分解吸収される脂肪の量を減らすので、余分に身体の中に蓄えられることなく、そのまま体外に便と一緒に排出されていきます。
では、具体的にどのくらいの効果が期待できるのでしょうか。
オルリスタットには食事で摂取した脂肪分のうち、およそ30%を減らすことができるとされています。
つまり、これまでと同じ食事をしていても脂肪の摂取量を3割も減らすことができるということになります。
実際に海外で行われた臨床試験でも、BMIが30以上の人にオルリスタットを1年間毎日摂取し続けた結果、体重が平均で10%落ちています。

もう一つ、ゼニカルはリバウンドの予防にも効果があることが分かっています。
ダイエットにとってリバウンドは非常に大きな問題ですが、一度体重を落としてしまえば薬の服用をやめても体重が増えにくくなります。
効果があっても安全性が気になるという人も多いでしょうが、この点でもマジンドールより優れているというのが一般的な認識となっています。
というのも、上でも説明したようにマジンドールは中枢神経系に作用することで食欲を抑制するタイプの抗肥満薬です。
そのため、神経に問題が起こって不眠症を引き起こしてしまったり、性欲が減退してしまうといった副作用が多く報告されています。
また、長期服用により耐性がついてしまうと効果がなくなってしまうこともあります。
しかし、ゼニカルはあくまでも脂肪の吸収を抑える薬であり、中枢神経系には作用しないので、非常に安全性が高いのです。
さて、問題はゼニカルは現在、まだ日本国内では承認されていないということです。
そのため、国内で購入することはできません。
ただし、くすりエクスプレスのような個人輸入代行業者を利用すれば、承認を受けている国から手に入れることは可能です。
こういった代行業者を利用することで、自分で面倒な手続きを行うことなく医薬品を購入できるので非常に便利です。